看護学生インタビュー

保健学科学生

橋爪 嘉那

富山県立総合衛生学院

保健学科

卒業生

橋爪 嘉那

保健師を目指したきっかけは何ですか?

病院実習で、くも膜下出血の緊急手術を受けた方を受け持ちました。患者さんやご家族の病気になった悲しみや不安に触れ、病気の予防や、病気や障害を克服し地域で暮らしている方を支える保健師の役割に魅力を感じるようになりました。

どんな保健師になりたいですか?

私は、県民の皆さんの「健康で幸せな生活」を支える保健師になりたいです。看護者は人の生活を支え、健康を守るために、専門知識や技術を提供するだけでなく、相手の人生経験や価値観を尊重していることを学びました。生活スタイル、社会や家庭での役割を大切に、その人らしい生き方を健康面から応援するパートナーを目指して頑張っていきたいです。

学生生活は楽しいですか?どんなことが楽しいですか?

保健学科は、全国から個性あふれる学生が集まっています。少人数で、学生同士の仲が良く団結力もありました。1年間で保健師と養護教諭一種の資格を取得するために、過密なカリキュラムですが、実習や研究、就職試験では、各自得意分野を生かして、互いに励まし、支え合いました。大きなイベントを乗り越えるごとに、皆で食事会をして、気分転換をしながら楽しく過ごしました。

学校の勉強や実習はどうですか?

講義では、大学の先生や現場で活躍されている専門の先生から、実体験を交えた貴重な話を聴く機会が多くありました。実習は、実践的で、学生の主体性を尊重した充実した内容でした。実習指導者をはじめ、学院の先生から一事例毎にマンツーマンで手厚いご指導をいただき、学びの多い実習となりました。実際に体験したことは、国家試験勉強にも役立ち、何より就職後にも生かすことができると思います。

学業以外で打ち込んでいることを教えてください。

趣味で写真を撮っています。学業の合間に友達と遊びに出掛けた際や学校行事のたびに撮った写真は、卒業パーティーで、スライドショーで披露しました。皆それぞれリフレッシュをしながら学校生活とプライベートとを両立させていました。

これから看護職を目指す方へのメッセージをお願いします。

看護を通して、様々な人との出会いがありました。多様な生活スタイルや価値観、生き方に触れ、自分自身の考え方や視野が広がり、看護を学んでよかったと思います。保健師は、地域住民の健康と生活を支える役割を担っています。地域住民の皆さんとともに、また多分野、多職種の方と連携しながら、一緒に健康づくりの活動を行っていくことはとても楽しく、やりがいのある仕事だと思います。

現在の学校を選んだ理由等、学校のPR

保健学科では、少人数のクラスで、先生方の手厚い指導が魅力のひとつです。学業のみならず、プライベートのことも相談でき、心強い存在でした。保健学科は1年間で、保健師、養護教諭1種、衛生管理者の3つの資格を取得できる全国でも珍しい学校です。様々な経歴をもった全国の仲間との出会いから刺激を受けることも多く、濃い時間をともに過ごした仲間は一生の宝物になります。