新人看護師&プリセプター

新人看護師&プリセプター

畑 沙耶香   中本 裕也

市立砺波総合病院

HCU

プリセプター 畑 沙耶香
新人看護師  中本 裕也

畑 沙耶香   中本 裕也

看護師を目指したきっかけは何ですか?

☆畑さん:
家族や親戚に医療従事者がおり、もともと医療に対して興味がありました。
小さい時から誰かの役に立つ仕事に就きたいという思いから看護師を目指しました。

☆中本さん:
私の前の職業は陸上自衛隊の衛生科隊員でした。看護師を目指したのは、その時に救命救急センターでの研修に参加したことがきっかけです。自分も救命救急の再前線で働きたい、医療をもっと学びたいと思ったことが看護師になろうと思った理由です。

実際に看護師になってみてどうですか?

☆中本さん:
正直に言うと「忙しい」の一言です。しかしその中でも患者さんとのコミュニケーションや「今までできなかった技術ができるようになり、わからなかったことがわかるようになった」といった経験から、今はやりがいや楽しみを感じています。

プリセプター制度を受けてみてどうですか?

☆中本さん:
自分がわからないこと不安な事はすぐ聞くことができます。何かと自分のことを気にかけてくださいますので、安心して1年目を過ごすことができました。

実際にプリセプターになってみてどうですか?

☆畑さん:
3年目と自分自身も経験は浅いのですが、自分が教えてもらったことを伝えていこうという思いで取り組みました。私が看護技術のことで、「これでよかったかな?」と思ったときや、経験の少ない検査についたときは一緒にマニュアルを振り返りました。私も一緒に成長できる良い機会となりました。

プリセプターのやりがいや難しさを教えてください。

☆畑さん:
自分だけでなく、実地指導者、教育担当者をはじめ、スタッフのみんながプリセプティを支援してくれたことで、日に日にプリセフティが自ら行動できるようになりプリセフティの成長を実感することができました。

プリセプターはどのような存在ですか?

☆中本さん:
頼れる姉貴的な存在です。ある意味一番迷惑をかける存在かもしれませが、プリセプターはいろんなことを教えてくださり、自分の成長につなげることができたと思います。

自分がプリセプター制度を受けていたときを振り返って、どう感じますか?

☆畑さん:
私がプリセプティの時の支援者は、プリセプター、教育担当者でした。当院では、平成29年度より、プリセプター、教育担当者に加え、実地指導者もいる体制となり、メンタル面はもちろん、看護実践、看護技術のことなどについて、よりサポートできているのではないかと思います。

今後の目標を教えてください。

☆畑さん:
新しく自分の部署に配属される方に、自分がこれまで先輩方に教わったことをきちんと伝えていけるようにしていきたいと思います。

☆中本さん:
後輩が入ってきますので、技術など自分の中でしっかりと理解して、人に教えられるようになることが目標です。

これから看護師を目指す方へのメッセージをお願いします。

☆畑さん:
看護師として働き、つらいことはたくさんありますが、本当にやりがいのある仕事であると実感しています。私が看護師になって良かったなと思うことは、ICUに入院し人工呼吸器を装着していた患者さんが、治療により日に日に回復されADLが拡大し、元気になっていく姿を見た時です。入院時できなかったことが少しずつできるようになられたことが本当に嬉しかったです。
看護師なるまで、試験や実習など大変かと思いますが、それらを乗り越え看護師となり、ぜひ一緒にがんばっていきましょう。

☆中本さん:
看護学生は試験や実習など、肉体的にも精神的にも辛い経験をするかも知れません。看護師になるために、前に進んでください。そんなとき頼りになるには、同級性(同期)です。大変なときは、同級性と相談したりしながら励ましあって頑張って欲しいと思います。

病院のPR

☆畑さん:
新人看護職員に対する教育体制はすごく充実していると思います。
当院は新人のローテーション研修があり、ICU・HCU、手術室、救急室の4つの部署を1週間ずつ研修でまわります。自分の配属部署ではできない技術が経験できます。普段できない技術が他部署で経験できるため、とてもいい学びになります。
私の勤務しているICU・HCUもみんな仲が良くわき合いあいとしています。先輩に何でも相談しやすい環境で、困ったときは1人で悩むことはありません。
ぜひ皆さん当院で一緒に働きましょう。

☆中本さん:
呉西で急性期看護をやりたいなら、市立砺波総合病院がお勧めです。ドクターヘリは飛んできますし、救急車も断ることなく受け入れています。もちろん忙しくて大変なときもありますが、他ではできない経験を多くできると思います。もしここで働きたいと思われたら、一緒に働くことを楽しみにしています。