復職に成功した看護師

復職に成功した看護師

高下 智美

黒部市民病院

内科外来

<看護職になって通算>15年目(H30)
<現所属>1年目(H30)

高下 智美

復職のきっかけは何ですか?

離職し、2年半のブランクがあることで、復職する自信がなく不安に思っていた時、看護協会の再就職支援研修があることを知り、就業相談をしました。自分の希望する病院で3日間の研修を受け、看護技術の実習や各部署の説明を聞くことができました。
実際に病院での研修を受けることで病院の雰囲気やスタッフの顔を見ることができ、復職へ踏み切るきっかけになりました。

復職に際して、就職活動はどのようにされましたか?

富山県看護協会のナースセンターで就業相談をしました。
相談後、希望条件に合った求人情報の紹介から、就職面接のセッティングまでしていただきました。

実際に復職してみてどうですか?

希望する部署で勤務することができ、少しずつ医療現場に慣れていくよう配慮していただいています。焦らず慌てず頑張っていきたいと思っています。

復職後のやりがいや難しさを教えてください。

前病院での経験を生かすことができる部署で働くことができ、うれしく思っています。しかし、その反面、看護技術に不安を感じることや、電子カルテなどの情報通信技術への対応には慣れず、難渋しています。

休日の過ごし方やリフレッシュ方法を教えてください。

県外から転居してきたので富山県の観光名所を巡っています。

これから復職を目指す方へのメッセージをお願いします。

自分が復職したいと思った時に行動を起こすと、再就職がスムーズに進んでいくように思います。

病院のPR

各部署、専門性の高いスタッフが従事しています。
医師をはじめ、コメディカルとの連携がしっかりしており、それぞれが専門性を生かし医療にかかわっています。
がん看護外来や小児の心理相談などもあり、心配事や悩み、不安に対して一緒に考えることができるサポート体制も整っています。